目的地なんてなくても、気ままにドライブを楽しみたい。地元の名物料理を味わうショートトリップがしたい、という方には東名・新東名ドライブがおすすめです。

東京からの下り方面は、御殿場インター付近から三ヶ日インター付近まで、静岡県内のほぼ全域が、東名と新東名の並走区間となっています。ここは富士山の雄大な自然と、駿河湾の潮風の両方を楽しめる最高のドライブルート。

下りは新東名を、上りは東名をと使い分けることもできるので、訪れるたびに新たな楽しみを見つけることができます。特におすすめなのは、サービスエリアめぐり。そこで、静岡在住・ドライブ好きの私が特におすすめしたいサービスエリアを厳選してご紹介します。

■新東名上下・駿河湾沼津SA
駿河湾を望む沼津の高台にあり、眺望は最高です。富士山の真南に位置する愛鷹山の裾野に当たり、ここから富士山を見ることはできませんが、有数の人気SAで、混雑時は駐車待ちになるほどです。フードコートやレストランのほか、ショップには地元の農家から直接仕入れた野菜や果物が豊富に取り揃えられていて、ショッピングモールさながら。下りには箱根エリアで人気のベーカリーの直営店があり、ここでしか買えないオリジナルメニューも揃っています。

■東名上下・富士川SA
富士山の絶景を見たいならここ!日本で一番富士山が美しいサービスエリアです。天気の良い日中なら、富士山を眺めながらオープンカフェでゆっくり過ごしたいものです。もし帰りの時間が夕方になってしまった、というときには、富士川SA周辺の夜景がおすすめです。駿河湾を囲むように、市街地の夜景が一面に広がり、とてもロマンチック。昼も夜も絶景が楽しめるイチオシのSAです。