家族の歴史とともに移ろっていったマイカーとの付き合い

レクサスCT200hは夫婦の時間にピッタリ。

わたしのドライブの歴史は家内との歴史といっても過言ではありません。

歴代に乗ってきた、日産シルビア、ウイングロード、トヨタハリアー、レクサスCT200hとそれぞれに深い思い出があります。

最初にシルビアです。これは大学時代なので無理して購入したシルビアに彼女をのせたくて中古車を購入したようなものです。

大阪在住だったので二人で和歌山、淡路島、岡山などにドライブで出かけました。どこに行こうが景色や道を楽しむというよりもいっしょに車で出かけることに重きを置いていたといった方がいいかもしれません。もちろん、はずかしながらスピード違反で免許証の点数を少し失ったこともあります。

そして、就職後すぐに結婚して買い換えたのが日産ウイングロードです。なぜこのウイングロードにしたかというとリーズナブルな上に収納が大きいからです。

子供もすぐに生まれたので車で大きな公園などにでかける想定で購入しました。また、勤務地が地元の大阪を離れてすぐに東京に移ったため、お盆やゴールデンウィークお正月の帰省には家族で移動するのに適していると思ったからです。

今思うとこのウイングロードとの付き合いが最も長く7年間、お世話になりました。前述のとおり、もっとも走行距離が多かったのは東京と大阪の往復です。

さらに家族ででかける週末の公園、行楽地というのが多かったのも特徴的です。所々、小さくぶつけたところもありますがそれもご愛嬌で本当にお世話になった車でした。ドライブという意味でも近距離、遠距離問わず、本当にいろいろ行きました。

ディズニーランド渋滞を人生で初めて経験したのもこのウイングロードです。都内の渋滞で目をこすりながら運転したこともあります。

そして、次に買い替えたのがトヨタハリアーです。これも収納やドライブがメインということで大きいサイズのそして車高の高い車を選んだのです。

このハリアーは毎年1回は家族旅行に出かけるのですが必ずと言っていいほどこのハリアーでの旅行でした。カーフェリーを使って北海道、小豆島、九州にも行ったことがあります。

カーフェリーでなぜか油が垂れてきて汚れて困ったことを今でも覚えています。後部座席がひろかったので子供たちがロングドライブでも嫌がらずに乗っていたというほどです。

この車ではわたしひとりの世界でゴルフにもよく出かけました。知人、同僚から乗り心地のいいところに非常に感謝されたのがうれしくもありました。

そして、今乗っているレクサスCT200hになるわけです。これは子供たちも大きくなったので家族4人で出かけるというよりも家内と二人で出かけることに重きを置いた選択で購入しました。

ですからドライブの行先も行楽地というよりもショッピングモールやアウトレット、都心ということで比較的近距離が多いのが特徴です。

家内もこの乗り心地には満足していて、ハリアーに比べるとかなり小さいのですが二人にはちょうどいいサイズかなと思っています。